イメージ画像

探偵の届け出をしていない人物が現場での調査行為を実施することは違法行為

浮気調査は一般的な判断を基に実施されれば「管轄警察に正式な届け出をしている探偵業者に依頼する」ことから始まります。現代 では法規上「探偵業は届け出が必要な職業」となっているのです。この行為を抜きに探偵業務である調査依頼を受けることは不可能 と言えるのです。もし、一般の方が探偵をかたり調査依頼を受けて調査を実施したならば処罰の対象となるのです。このような法規 が存在していることを知らない一般の方が「自身に関わる浮気調査をみずから実施してしまう場面」がありますが、正直なところお 勧めはできない行為と言えるのです。理由としては「証拠となる撮影」が充分にできないことはもとより、思うように尾行張り込み が実施できないため「挙動不審な行動が目立つ状況」となってしまい警察に通報されるなどのケースが後を絶たないのです。当然、 このような騒ぎは張り込みを実施する周辺住人が目にすることとなり、目的である浮気の証拠は手に入らないまま騒ぎだけが発生し てしまい「浮気調査の悪循環」となってしまうのです。 <自身での浮気調査は浮気の裏付けにとどめる>

浮気の証拠を自身で撮影することは不可能に近い行為であると探偵は認識しております。プロの探偵であっても面識のある人物を調査する行為は困難を極めます。従って、ノウハウの無い一般の方が自身のパートナーを尾行するなどもってのほかであると断言できるのです。探偵の浮気調査に費やす費用が捻出できなという理由は理解できますが、重要ポイントは探偵に任せることが得策であると言えるのです。根本的に浮気調査は秘密裏に実施されることにメリットが存在するものです。浮気の証拠は取得できたが浮気調査を実施した経緯が当事者にバレバレな状況は「対策を講じられることに直結している」ものなのです。もし、言い逃れする対策をされてしまい浮気相手が逃げ出してしまう状況等が現実に起こり、浮気の証拠が無意味なものとなってしまっては本末転倒と言えるのです。感情に任せて辛抱が効かない人物が自身の手で浮気調査を実施することは「問題が拗れて解決から遠のく」ことが考えられ、仮に自身で可能な浮気調査を実施するならば「浮気が存在する裏付け」を特定する行為にとどめることが探偵からは堅実な判断と思えるのです。パートナーの帰宅時間が遅い曜日を選定したり、外食が頻繁なタイミングなどを密かに調べるなどの行為にとどめることが良いのです。このような浮気の裏付けは「浮気調査の無駄を省く作業」と直結しているので浮気調査の費用を抑える効果が期待できるのです。

あなたが実施する浮気調査にはどのような結果が証拠として必要か?

浮気をしてしまったパートナーの真意にも関わることなのですが、浮気調査を実施して「何をしたいのか?」が漠然と想定に無いご依頼者には「必要な浮気の証拠」がどのような証拠であるか理解が薄いと言えます。探偵とのご相談時点で「浮気が今回に限った事ではない」ので「離婚に必要な証拠」として考えているなどの考えがしっかりある人物ならば問題ないのですが、「浮気をされて今後の結婚生活をどうするのかわからない」などの心情で浮気の有無を確認される浮気調査は総合的に無駄が多くなる傾向にあると言えるのです。ご依頼者の心情を察すると仕方のないことなのですが、パートナーの心が浮気相手にあるか?パートナーが浮気を反省してやり直す人物であるか?などの想定を基に浮気調査を実施することがベースとなってしまうことは避けられないのです。このようなことからも理解されるとは思いますが「浮気調査を実施してどうしたいのか?」がはっきりしているかはっきりしていないかで調査に必要な時間や費用が大きく異なってしまうことは理解していただきたいのです。

探偵との相談は密なほど依頼者には良い結果が多くなる

浮気調査に着手する前の探偵との相談は「密な相談が実施できればお互いの信頼関係が高まる」と言えます。もし、時間を掛けずに端的な相談業務を実施し「全てお任せください」などの言葉を口にする探偵とは浮気調査に着手してから「ことあるごとに確認の電話が必要」となってしまうでしょう。調査現場レベルで判断不可能な状況は担当探偵がご依頼者に確認するか、相談時点で段取りとして事前に決まり事を決定しておくなどの手法が必要となるものなのです。浮気調査の時間延長が必要か?現在の状況から想定される今後の行動から判断して早期に打ち切るか?は担当探偵が依頼人に確認することが最善の判断と言えるでしょう。しかし、依頼人の都合がつかない時間帯の緊急連絡を避ける意味においても「調査状況によっての判断を事前に依頼人にお伺いする」ことは相談時点で済ませておきたいと言えるのです。

このページの先頭へ