イメージ画像

浮気調査の結果が出なければ0円

「浮気調査の結果が出なければ0円」という集客文句で営業している探偵が存在します。これを善悪という基準で判断することは出来ません。何故なら本当に浮気の証拠が得られなければ「全ての調査を0円」とする太っ腹な探偵ということも考えられるからなのです。通常、探偵業法に沿って考えるならば「後にトラブルになるような集客方法による営業は避けるべき」と考え、優良な探偵ならば「紛らわしい集客となる0円」などの価格表記はしない判断が適当と考えるものです。しかし、あえて0円を表記し勘違いを招く表現である「浮気の証拠が出なければ0円」と表記する以上は「行動が結果だから調査費用が発生する」などの言葉を後に耳にすることは絶対にないと考えるのです。もし、このような表記で営業する探偵の存在を確認したならば監督警察署に問い合わせて探偵業法上問題にならないか?確認した上で問い合わせることが必要と判断できるのです。もし、言葉通り浮気調査の証拠が出ないケースになり必要な費用が発生しないならば0円で浮気調査が可能となる探偵と言えるでしょう。

浮気調査の成功率が99.8%の探偵

恐るべき高確率な成功率で浮気調査が可能な探偵が世間には多数存在する様子です。もし、私が依頼人ならば怪しい探偵と判断し絶対に問い合わせをしない探偵であると言えます。そもそも人間が実施する仕事に100%やほぼ100%の仕事が存在するものでしょうか?そうですどんなに単純な仕事であっても100%は存在しませんね。探偵の実施する浮気調査の成功率が99.8%を掲げる探偵が多数存在しますが「これも高確率な成功率を掲げて依頼人の不安な感情に付け込む「法規上あってはならない宣伝文句」と言えるのです。このような触れ込みで集客する探偵は正直なところ「良心に欠ける探偵」と言われても否定できません。我々探偵の仕事は依頼人に真実を伝えることが仕事と言えます。このようなあり得ない高確率な成功率を掲げて集客する探偵は真実を伝える業務が可能か?皆さん疑わしいと疑念を持たれることでしょう。正直でない探偵と大切な問題を共に解決可能か?という視点でも疑念が生じることでしょう。全ては依頼人の判断にゆだねられることなのですが、あり得ない触れ込みや宣伝は探偵業法に沿った基準で考えるならば「紛らわしい表記で集客している」こととなるのでお勧めできる存在とは言えません。

調査に関するリスク説明の無い探偵

優良な探偵や誠意ある探偵の条件として欠かせないことは何か?と考えた場合に「実施する調査や選択した手法に関わるリスク説明」が十分に行われる探偵は正直で信頼できる探偵と考えます。探偵業界全般で判断して申し上げることなのですが探偵に対する苦情やトラブルの多くは「リスク説明が無く起こっている」ことが考えられるのです。詳しくお話しするならば「探偵が依頼欲しさに都合の良い言葉のみで受件する」ことが後のトラブルに繋がる原因と考えられるのです。先にもお話ししましたが浮気調査が99.8%の高確率で浮気の証拠を取得できる業務であるか?考えた場合に「有り得ない」と頭で理解していてもご依頼者には「失敗が無い」ことを訴え依頼を受件したいと考え「リスク説明を抜きに調査委任契約を結んでしまう」のです。運よく問題無く浮気調査が進行し依頼人の満足のゆく形で調査が終えられたならば良いのですが、仮に調査が難航し依頼人の思惑を超えるレベルで物事が進行したならばリスク説明をしていないことから「多くのトラブルが後に起こる」こととなってしまうのです。このような場合には事前に想定される浮気調査のリスクを説明しなかった業務は探偵業法にも抵触する恐れがあるのです。

探偵士?調査士?そんな国家資格あったかな?

いかにも有資格者であるような表記をまねた「探偵士・調査士」(国家資格が存在しない)を使用し、他の士業と同様に専門性の高い業種と勘違いさせて高額な報酬を得ようと考える探偵業者は数多く存在します。日本国内において探偵に関する国家資格は存在しません(平成28年時点)のでお間違いにならないようご注意ください。そして、短期で開業可能なフランチャイズ探偵を育成するなどの触れ込みでフランチャイジーのみを目当てにする探偵も存在しますので充分に注意が必要です。探偵業務は短期間で習得可能な業務ではありません。中途半端な調査力で裁判資料に必要な調査案件など手掛けられませんので「短期開業可能な探偵」などの触れ込みにも充分な注意が必要と言えますね。

このページの先頭へ