イメージ画像

浮気調査を実施して低料金・安心価格にて浮気の証拠を取得したい

浮気調査を実施して低料金・安心価格にて浮気の証拠を取得したいと考えたならば「探偵の浮気調査を長期間実施する」ことは避けなければいけません。一日の調査費用に上限が設けられている探偵事務所と浮気調査を契約したとしても「浮気調査が10日間」に及んだならば50万円プラス必要経費くらいの調査費用は発生してしまうでしょう。ここで言えることは「低料金・安心価格の浮気調査」を実施するために欠かせない条件は「最低限の日数で証拠を取得する」ことが必要と考えられるのです。言葉で言うことはたやすいのですが「調査対象者である人物について多くを知った上で浮気調査に着手する」ことが最低限必要な条件となることは明らかであり、調査対象者の行動が浮気に関わると考えられる時間帯(仕事以外の時間帯)のみに限り浮気調査を実施することが必要となるのです。毎日、毎日、浮気相手と行動を共にしているか?は浮気をしている当人同士の気持ちの問題なのではかり知ることは困難と言えます。そのようなことから判断しても「外出時間が最も長い曜日・時間帯に狙いを定めて」高確率な浮気調査となるように浮気調査の予定を組むことが「浮気調査の安心価格や低料金」に繋がると考えられるのです。

浮気調査を実施する予定をどのように組むか?

多くの場合に浮気という行為は「仕事以外の時間帯で外出中」という条件下で行われる行為と言えます。稀に仕事中の浮気を疑う方が存在しますが、多くのケースにおいて「疑念からくる被害妄想や思い過ごし」であることが調査実施後に確認されるものなのです。浮気調査を依頼される人物の多くは「自身の目が届かない時間帯全てを疑ってしまう」ものなのですが、探偵目線から判断するならば仕事中に浮気が可能な人物は「予定を自己管理可能」な人物に限定され、そのような人物であっても仕事中に浮気相手との時間を設けることは困難で忙しくなってしまうものなのです。このような探偵目線のお話しも踏まえた上で「あなたのパートナーのケースではどのような予定がベストであるか?」考えた場合に前提となる2点をベースに予定を組むことが最良と考えられるのです。まず、生活基盤が昼にあるのか夜にあるのかを判断することが1点目となります。仕事を持って日常生活を送っている人物ならば当然なのですが「昼に活動しているのか?夜に活動しているのか?」で浮気調査を実施するべき時間帯は大きく異なることでしょう。昨今はどのような職業に従事しているかで浮気調査の予定は昼夜180度ことなる時間帯に実施されることも珍しくないのです。夜間に業務を実施している職種の調査対象ならば「勤務先から終電近くの時間帯に調査開始」なども充分に予定として考えられるのです。そして、基本的な就業時間が把握できた時点で「仕事後に異性と行動を共にしているか?」という視点で浮気調査を進行することが可能となるのです。まじめで仕事一本な人物が浮気を疑われることもありますから「浮気の有無」という意味合いにおいても業務終了後の時間をどのように過ごしているのか?を早期に把握することは「浮気調査の予定を組む段取りのなかで重要ポイント」となるのです。そして2点目ですが、ご依頼者の目の届かない時間帯で得られた情報から「浮気が疑わしい時間帯を更に絞り込む」事により一切の無駄を省いた浮気調査が実施可能となるのです。現代の浮気はインドアなケースが多く、浮気の証拠も取得まで時間を要する案件が増加傾向にあります。浮気相手の部屋で多くの時間を費やす浮気ならば毎週何曜日の何時から何時までの浮気相手の部屋の出入りを証拠に残すなどの「更に予定を絞った浮気調査を実施することが可能となり」仮に長期間に及ぶ多くの日数が必要となっても曜日を絞ったピンポイントな浮気調査となり「浮気調査に要する時間は削減可能」となるのです。

探偵が勧める浮気調査は毎日が基本

探偵は多くの報酬を得る為に「浮気調査は毎日実施しないと証拠を逃す」と口にします。あながち嘘ではありませんが浮気調査を終了した時に「なんて無駄な調査日が多いことか・・・」と落胆する方も少なくないのです。現実的なお話しをするならば「毎日、浮気相手と浮気の証拠となる行動を繰り返す人物は皆無」と言えます。ですから「ポイントを絞った浮気調査」が浮気調査の費用を削減する上で欠かせないポイントとなるのですが、浮気を見逃すリスクを覚悟のうえで実施することが前提となることを忘れてはいけません。

このページの先頭へ