イメージ画像

やり直すための浮気調査か?見切りをつけるための浮気調査か?

浮気調査を実施することは「浮気の疑い」が存在し、将来的に家庭に影響が出ることを考慮して「保守や主張」に必要な証拠を求めて浮気調査に踏み切ることが多くの人物が浮気調査を実施するに至る流れと言えます。もし、このほかに浮気調査を実施する理由が存在するならば「興味や真意」からパートナーの人間性を見極めるということも考えられます。著者は個人的には「人間性を見極めるために実施される浮気調査」には恐怖を覚えます。自身の真意を見届けられるということは「見切りを付けられる」とも置き換えることが可能となるからに他なりません。人間は一人の力で生きてゆく事は極めて困難と言えます。世の中には「家族やパートナーの存在がメンタル的な支えとなっている」人物が多いのではないのでしょうか?その家族やパートナーから見切りをつけられてしまう浮気調査は恐怖そのものでしかありません。浮気という行為がパートナーを裏切ることに直結している以上は「待ち受ける結末がどうあるか?」は浮気の事実が発覚するまでに家族やパートナーとどのような関係を築いてきたかで大きく異なることでしょう。全ては過去にとってきた自身の行動で将来が左右される可能性が高いということなのです。

夫婦関係が修復不可能となるか?僅かな可能性にかけて浮気調査を依頼する

浮気調査が実施される目的は「浮気によって生じる変化が将来に起こりうると考えられること」が理由として存在し浮気調査を実施する側が浮気の証拠を手にしたならば「将来的な展望に必要な主張が通りやすくなる」ことが言えます。仮に浮気が原因となった離婚を想定していただければ納得していただけることなのですが、「条件を提示して離婚が可能」と考えられるのです。浮気調査を実施される多くの方々が「子供の親権や離婚に関わる慰謝料」などの主張が通りやすくなると認識されているのです。もし、「離婚理由が性格の不一致」などで押し切られてしまい、浮気の疑いはあるものの証拠がないために「多くの主張が通らない」状況は避けたいものです。浮気されて家庭を壊され、浮気相手との新たな生活を知りながら何もできないのです。浮気調査を実施する目的は「浮気の証拠を取得した」としても100%達成できるとは言い切れない流動的な人間の感情に左右されるものであると言えるのです。浮気したパートナー次第で将来がどうなるか想定できませんが「浮気の証拠が存在することで生じる変化」はあるものです。結果的に離婚を回避するだけの効力があるか?は明言できませんが「浮気相手に対しても影響力を持つ」ものが浮気の証拠と考えられるため、探偵の浮気調査を実施して「浮気の証拠を手にして浮気相手と対峙する」ことが望ましいと考える方が多いことも事実と言えるのです。

夫婦関係に終止符を打つことを目的に実施される浮気調査

パートナーの長年にわたる悪行の数々に対して勘弁できないと考える方は「離婚を目的に浮気調査を実施」される方がその殆どと言っても過言ではありません。このような感情で我慢の限界を超えた精神状態のご依頼者は冷静に獲物を追い詰めるように用意周到に「浮気の証拠を確実に効率よく取得」されるのです。浮気調査のターゲットとなる調査対象者は「欲を我慢できない時間を積み重ねてきた過去」があり、善し悪し以前の問題で結婚生活で生じる多くの義務を果たしていない人物であり、離婚に至る理由に関しても浮気以外に多数存在し「家族やパートナーからの信頼がない人物」と判断されてしまうのです。自身の欲を我慢することが出来ない人物は探偵目線からは「結婚にはあまり向かない人物」と思えるのです。趣味や遊びに没頭するあまり、家族との時間をかえりみない人物を世間がどう評価するか?考えていただければ答えはおのずとで出てくることでしょう。古き良き昭和やそれ以前の時代ならば「甲斐性」という言葉でカバー可能な男女関係も存在しましたが、平成の格差社会で甲斐性を持って多くの人物を幸せに出来る方は限られるのではないのでしょうか。

たった一度の過ちである浮気をどうとらえるか?

過ちの範囲で「運悪く浮気の証拠を撮られる人物」が存在します。本当にタイミング悪く会社の行事などで深酒してしまい同じ会社の独身女性と関係をもってしまう。これまで真面目に家庭と仕事に対して心血を注いできた人物であるのに過ちが露呈してしまう。本当に不運としか言いようがない人物であり、これまで築き上げてきた家族への威厳も全て失うこととなってしまう。しかし、現実から目を背けることは出来ません。家族から浮気を疑われなければ「このような事実が発覚する」ことは無いのですから、家族から信頼が無かったという点において、反省が必要と考えなければいけません。自身の運とタイミングの悪さは仕方のないことですし、努力でどうにかなる部分ではないので「事実を受け止め正直に家族に対して真実を伝える」ことが重要になります。家族やパートナーからしてみれば「浮気をした人物の言葉を信用するか?」という次元のお話しになってしまうので過ちを犯してしまった人物は「時間を掛けて行動で信用を取り戻す」ことが必要となるのです。

このページの先頭へ