イメージ画像

探偵の質を見極める

良い仕事を実施する探偵は「妥協が極めて少なく」依頼人の要望に応えるために現実的な調査を提案・実施するものです。対して、評価の低い探偵の仕事は「裏付けの存在しない思い込み」や「不安を煽る最悪の状況を植え付ける」言葉を相談者や依頼人に浴びせ「判断する力を低迷させて調査を実施する」悪質な手順や流れで「調査を実施しなければならない」という「不安感を植え付ける」行為により依頼を獲得しようとします。多くの方は探偵に相談や依頼にきている時点で何らかのトラブルや問題を抱えている人物ですから「探偵の術中にハマってしまう可能性は非常に高い」という状況になります。このような状況などから評価の低い探偵を見極めるコツを見つけ出し「あなたの目前で相談にのっている探偵を見極める」ことが可能となれば「探偵とのトラブルに発展する」ことはないでしょう。はっきり申し上げて質の低い業務しか提供できない探偵は「調査手法の提案が乏しい」と言えます。可能な調査が限られることが大きな原因になっており、実際に情報を得る選択肢が少ないということは「情報を提供するために必要となる調査力が乏しい」と断言できるのです。

経験値が高く調査手法が豊富な探偵とは

良質な調査業務を提供可能な探偵は「調査の引き出しが多い」と言えます。一つの物事を調べるにあたって「多角的な調査アプローチ」が頭の中に存在するものなのです。この引き出しの少ない探偵は「こうしましょう!」の言葉しかなく頼りないものです。現実に実施可能な調査で結果が得られなければ「お手上げ状態」となってしまうのですから。良質な調査を実施する探偵は調査可能な引き出しが多く、その中で一番に相談者のケースに適した調査手法を提案するものです。ですから、「何に趣を置いて調査を実施するか?」が探偵にきちんと伝わりさえすれば「結果を急ぐ調査」なのか?「時間がかかっても低料金で結果を出したい調査」なのか?様々なニーズに応えることが可能となるのです。この基準を持って探偵に相談することは重要なポイントであると同時に、探偵選びにおいて間違いない探偵を選択できるということにも繋がるのです。

探偵という職業を理解して相談に行く

フィクションの世界の探偵ならば小さな少女からの依頼を貯金箱のお金で受件することもありますが、現実世界の探偵は報酬なしにご依頼を承ることはありません。問題を抱え困っている方が相談相手であっても「報酬無に業務を実施する探偵はいない」という認識をもたれることが望ましいのです。一般的に言われている事なのですが、探偵にどんなに些細な調査を依頼しても数万円から10万円の報酬が発生します。このことから判断しても「探偵を雇って調査を依頼する」ことは調査結果の報告と引き換えにある程度の費用が必要となるものなのです。探偵が悪徳と呼ばれる原因もこのような高額な報酬を得る職業であるからかもしれませんね。

無責任な探偵には出来る限り責任追及し泣き寝入りしない

いい加減な言葉で依頼を獲得し、依頼人から高額な調査費用を得ようとする悪徳探偵は古くから存在します。具体的に無責任な言葉がどのような言葉であるか?お話ししますと「絶対に○○でしょう!」や「必ず○○になる!」等の発言を行動を起こす以前から全てお見通しのような口調で使用して相談者の心理に訴えかけるのです。通常、どのような業種や仕事であっても「絶対」という言葉を使用するからには相手を納得させるだけの理由が存在するものです。しかし、探偵の場合は長年の経験と勘が基準となっているので「信じてはいけない絶対や必ず」と言えるのです。胡散臭く説得力に欠ける探偵との相談や契約には十分に注意が必要なことが理解出来ることでしょう。そして、このような言葉を使用し依頼を獲得しようとする探偵と出会ったならば「後に言った言わないのトラブル」に見舞われる可能性が高いため、責任追及の手段を準備することが必要となるのです。後に効力を発揮するものとして「契約書に不備がないか?」「調査手法や費用見積・報告までの期間」などに十分注意して契約書を注意深く精査することが必要と言えるのです。

探偵はあなたの味方であるはず・・・

探偵は報酬を支払うご依頼者の味方であることは間違いない事実と言えます。しかし、一部の悪徳で質の低い探偵業務を実施する探偵は無責任で依頼人の将来など調査が終了すれば知った事ではないなどどと考える輩まで存在するのです。ここまで悪質な探偵に依頼をしてしまうと後悔以外に何も残らない状況にもなりかねません。調査ばかり強要して売り上げが上がることを第一に考えている探偵が「あなたの味方ではない」ことは調査中であっても気付くことが可能です。もし、あなたの味方ではないと思える行動や報告が目立つ探偵ならば早期に調査を打ち切る判断が必要と言えるのです。

このページの先頭へ