イメージ画像

後悔しない浮気調査を実施するために

後悔しない浮気調査を実施するためには「浮気調査を実施する目的」がしっかりと存在することが望ましいと言えます。浮気の証拠を取得することで「依頼人が何を望んでいるのか?」が明確でなければ浮気調査を実施した後に後悔する可能性が高くなってしまうものなのです。決して安い費用では実施できない浮気調査ですから「費やした費用に対する後悔」や「得られた結果が充分でない後悔」などもあるのです。確実な浮気の証拠を短期間の浮気調査で取得できたならば「満足度が高い浮気調査」と言えるのでしょうが、全てのケースが満足な調査となることはありませんから「自身の実施しようとしている浮気調査のケースを理解」することが非常に重要となるのです。この理解度が低いまま浮気調査を実施してしまうと多くのケースにおいて「浮気調査を実施したことを後悔」してしまうものなのです。

浮気された怒りの感情から浮気調査を実施する

感情に流されて浮気調査に着手される方は少なくありません。浮気をされたパートナーに対する怒りや浮気相手に対する怒りから自身が選択可能な行動として「探偵による浮気調査」という形で反撃する。このような怒りの感情から実施される浮気調査は「事実確認や浮気の証拠を取得することよりも「浮気するか?浮気しないか?を日々確認する」ことに趣を置く方が多いのです。当然ですが「依頼人の怒りの感情が収まるまで浮気調査は継続的に実施される」こととなり、怒りが収まり平静をとりもどしてから「無駄なお金を費やしてしまった」という感情になるのです。浮気調査を実施される方は「浮気された怒りが無い人物は稀」と言えます。多くの人物は浮気され「心のどこかで怒りの感情が存在している」ものです。浮気の証拠を取得して反撃することで「怒りのはけ口」を見出す方が多く、パートナーに謝罪させるために浮気相手に可能な手段で詰め寄るのです。矛先となった浮気相手は浮気の証拠を撮られたことを知ると「慰謝料請求される・・・」どうしたら責任を逃れられるか考えて考えてビクビクする日々を送ることとなるのです。このような状況を打開するために「パートナーはひたすら謝罪」するか「開き直って全面戦争」するのかを選択することとなるでしょう。もし、依頼人がパートナーとの全面戦争を避けたいならば「あまり浮気相手を追い詰める行為は行き過ぎないように心掛ける」必要性があるでしょう。浮気された怒りの感情が行き過ぎると予想外の展開にもなりかねないので要注意なのです。

パートナーの浮気から考えられる全ての状況を覚悟する

パートナーを掌で転がすという言葉を耳にする機会があります。浮気された場面で冷静沈着に物事を運べる人物はまさに「パートナーを意のままに操れる」という言葉通り浮気問題を終息させることが可能に感じます。探偵としてこのような人物とお仕事する機会が度々訪れるのですが、このような方々に共通して感じる雰囲気は「開き直っている」ように見えるということなのです。浮気されて泣き崩れていても自身に訪れる将来に変化は得られないなどの考え方が随所で見受けられるのです。自身が直面している浮気問題が自身にどのような影響を及ぼしたとしても、「想定内であり、受け入れなければならない事実」として良い事も悪いことも受け入れる覚悟が感じ取れるのです。浮気問題は真剣に向き合わなければ大きな痛手や後悔を生み出してしまうものです。一生に関わる問題になるかもしれないという「覚悟を持って」対処することが事の終息に一番必要と探偵は考えるのです。

けじめとして浮気調査を実施する

結婚生活は我慢の上で成り立つと考え、長年に渡りパートナーの傍若無人な日常に目をつむり我慢をしてきた。最終的には浮気相手との生活を選択し別居などに至ってしまう。それでも「わずかな可能性として復縁」することが子供のためにもなると考え最終的な判断は先送りにして宙ぶらりんな別居となってしまう。時間が経過し家族のもとへ戻らないパートナーに対して最終的な判断を下すために「別居中のパートナーの浮気調査」を実施する。そして垣間見た真実は若い浮気相手に対してお金を使うパートナーであり、欲におぼれた日常を繰り返す人物となったパートナーがそこには存在していた。けじめをつける目的で実施した浮気調査が突き付ける真実は僅かな期待を裏切るものである可能性が非常に高く「残酷な真実」もあるという覚悟が必要です。結婚生活に必要な義務を果たしていない人物の「幼稚な欲」のために周囲の人物が不幸になることはあってはならない問題であると言えます。できることならば早期に決着し解決すべき問題と考えられるのです。

このページの先頭へ